住宅の坪数と税金

住宅の坪数と税金には

住宅にかかる税金を坪数で比較

住宅にかかる税金を坪数で比較したいときは、36坪と84坪を覚えておきましょう。税金は固定資産税です。36坪以下であれば、税率を効果的に維持できます。36坪は120平方メートルです。注意したいのは、仮に面積が広くなったとしても、広くなった分だけが課税対象として計算されていきますので、損失には結びつきません。住宅が36坪以下であれば、固定資産税に対する対策も安心です。気をつけたいのは坪数が84坪を越えてしまう場合です。84坪を越えてしまうと、維持コストの削減や節税対策の必要性など、さまざまな配慮が必要になってきます。

住宅購入で所有し続ける場合

住宅を購入して所有すると、毎年一月一日付けで固定資産税が課税されます。固定資産税は築年数の経過によって変動します。リフォームして新築同様に回復させても、築年数は変化しませんので固定資産税が高くなることはないのですが、増築で床面積が増えると固定資産税に反映されます。住宅を所有し続けるには、税金に対する配慮も必要です。賃貸の家賃と比較すると安いのですが、ローンの返済がある場合は要注意です。家賃との対比でローンの返済額を設定していると、毎年必ず課税される固定資産税が負担に感じられるようになる場合もありますので、税金を納める分の把握もしておきましょう。

↑PAGE TOP