住宅の税金の控除

住宅の税金の控除について

住宅購入に控除という節税効果

住宅の購入にあたって、住宅ローンを利用した場合年末のローン残高の1%が10年間所得税等の税金から控除される制度があります。2015年に家を購入して、ローンをくみ今年初めて確定申告をした場合で説明します。控除の対象にあたる年末のローン残高の上限は、4000万円です。10年間で最大400万円の税金が戻ってくることになります。但し戻ってくる所得税の金額は、その年の税額が上限となります。また納めた金額がそれより少ないケースでは、翌年の住民税から戻ってきます。対象になる物件は、返済期間10年以上のローンと決められています。繰り上げ返済等で10年未満になった場合対象とならなくなるので注意してください。大きな節税効果は、家計にとって大変有利な制度です。

住宅購入にかかる税金の優遇措置

現在の住宅業界は、史上最低水準のローン金利や充実した様々な助成金制度などが購買意欲を後押ししていますが、更にローン減税やすまい給付金、登録免許税の軽減、不動産取得税の軽減など税制面でも優遇措置が行われており、昨年の同時期よりも新築着工件数が伸びています。住宅の維持には、都市計画事業や土地区画整理事業の費用に充てるために課せられる目的税である都市計画税、毎年1月1日に所有している固定資産に対する固定資産税などの税金が必要とされます。固定資産税は、3年ごとに固定資産の評価が見直されるので、3年ごとに税額が変化するので注意する必要があります。

↑PAGE TOP