住宅の買い替えの税金

住宅の買い替えにかかる税金

住宅の買い替えと税金の支払い方

住宅の買い替えを希望する人は、日本中に大勢いるとされ、将来的に発生する税金の支払い方法をきちんと理解することが重要です。現在のところ、税理士や公認会計士などの専門家に相談をすることによって、確定申告の手続きを簡単に行うことができるため、早いうちから相談先をきちんと決めることが良いでしょう。住宅の買い替えのタイミングについては、一般の消費者にとって、速やかに判断をすることが難しいことが分かっています。そこで、定期的に顧客へのサポートが行き届いている専門業者の無料相談のチャンスを利用することが有効です。

住宅を所有しているときの税金

住宅を所有しているときに、毎年必ず課税される税金は二種類あります。固定資産税と都市計画税です。毎年、一月一日付けで所有している人に課税されるので、不動産の売買をしたばかりの人は契約時に確認しておくと安心です。住宅を購入するときにローンを利用する場合は、月々の返済額と、毎年の課税額の両方が家計から支出されるのだと理解しておきましょう。固定資産税は優遇ともいうべき特例措置もありますので、該当するかどうかは売買契約の時に確認すると良いでしょう。固定資産税は納税通知書が四月に送付されてきますので、通知書に従って税金を納めます。

↑PAGE TOP