住宅改築で変わる税金

住宅改築で変わる税金について

住宅の税金が変動する改築とは

住宅を改築した場合は、延床面積の変動がポイントです。延床面積が変わらないのであれば、リフォームして新築同様に仕上がっても、税金はかかりませんし、固定資産税も高くなりません。延床面積が増えている場合は、改築であり増築にも該当しますので、固定資産税が変動します。住宅の税金は、延床面積が増えるかどうかが高くなる基準と言えます。仕上がりが新築同様でも、老朽化したままでも、延床面積の数値そのものが重要です。延床面積に該当しない地下室、中二階、ロフトに関しても同様です。収納スペースを広くしたいだけの場合は、高さが140センチメートルより低い施工を検討しましょう。

住宅の税金を軽減させるコツ

住宅の税金には固定資産税や不動産取得税などがありますが、固定資産税はほんの少しの工夫をするだけで軽減させることができます。一例を挙げると、耐震改修やバリアフリー改修、省エネ改修などのリフォーム工事をすると、固定資産税が軽減されます。耐震改修工事をすると工事の翌年度の固定資産税は2分の1に軽減され、省エネ改修工事をすると工事の翌年度の固定資産税は3分の1になります。新築住宅の税金の固定資産税は一戸建てよりもマンションの方が低く抑えることができ、新築マンションを購入した場合は、5年間にわたって固定資産税は2分の1に軽減されます。一戸建ては3年間ですので、マンションの方が一戸建てよりも軽減措置の期間は2年間長いです。

↑PAGE TOP