注文住宅は計画的に

注文住宅で個性的な家を

高性能化される注文住宅

注文住宅は、画一化された分譲住宅や企画化されたハウスメーカーの住宅とは大きく異なり、施主の個性をデザインや間取りに反映して建築できるだけで無く、自分の家族の安全性や快適性を建築予算が許す限り追求する事が出来ます。現在の注文住宅は、ハウスメーカーの耐震構造や免震構造、制震構造に加えて、敷地の地盤改良を独自に施工する施主が増えています。又、ZEHの義務化を見越して断熱性能や省エネ性能を上げるオプション工事や太陽光発電、家庭用蓄電池、HEMSなどの設置を検討する施主が増えています。

注文住宅の依頼先について

注文住宅は、ハウスメーカーや設計事務所に依頼することになりますが、よりこだわりを反映したい場合には設計事務所にお願いするほうが、個性的な住宅を設計してもらうことができます。ハウスメーカーの場合、ある程度家の仕様が決まっているものから選択することになるので、コスト面では経済的な住宅を設計することができるでしょう。ハウスメーカーは自社施工で注文住宅を造っているので、設計をしっかりと現場に反映してもらうことができます。

↑PAGE TOP